2020年4月2日 に投稿された記事

該当件数:10件 この期間に記録されたログをみる

JSONなラスタをGDALでドライブ

はじめに http://aginfo.cgk.affrc.go.jp/rstprv/index.html.ja では、10m DEMを「切り取り」できるのですが、生ラスタをそのままJSONにしてしまった書式でダウンロードできます。 ...

fgddem2pgsql - 基盤地図情報DEMをPostGISダンプ形式に変換する

はじめに PostGISラスタの仕様、PostGISラスタに加えることができる制約等をもとに、基盤地図情報(http://www.gsi.go.jp/kiban/) の5mメッシュDEM、10mメッシュDEMをPostGISラスタの...

PostGISラスタに加えることができる制約

はじめに ここでは、ラスタ型に対する制約について説明します。 制約 データベースでは、カラムごとに型が規定され、型に反するデータは格納できませんが、より格納できる条件を厳しくしたいことが多くあり、その際には、制約を追加します...

PostGISラスタの仕様

はじめに PostGISが受け付けるジオメトリ表現については、ジオメトリタイプ一覧をながめるなどでWKT/EWKTを、WKB/EWKBを見てみるでWKB/EWKBを、それぞれ示しました。 PostGISが受け付けるラスタ表現は...

ワールドファイルのはなし

はじめに PostGISラスタの仕様に触れる前に、ラスタってそもそも何なの?というのを若干触れたいと思います。特にワールドファイルについて説明したいと思います。 ラスタデータとは ラスタデータ=ビットマップ+地理参照情報+N...

PostGISラスタにデータを格納する

はじめに PostGISのGEOMETRY型はベクタデータに使います。GISにはラスタデータもありますが、GEOMETRY型では使えません。 PostGIS 2.0以降は、RASTER型と各種関数が導入され、ラスタデータにも対...

PostGIS+SFCGALで3次元幾何演算を行う

はじめに PostGISにSFCGALを使用するエクステンションがありますが、PostGIS 2.2.0から、SFCGALを使って、3次元ジオメトリの結び(ST_3DUnion)、交わり(ST_3DIntersection)、差分(...

PostGIS+SFCGALの話

SFCGAL CGAL (http://www.cgal.org/) は高性能な幾何演算ライブラリで、SFCGAL (http://oslandia.github.io/SFCGAL/) は CGAL を ISO 19107:201...

PostGISの3次元ジオメトリをブラウザで見てみよう

はじめに 3次元ジオメトリは、結果をWKTで見ててもピンと来ません。やはり3次元ジオメトリは3次元で表示するべきです。 そこで、3次元ジオメトリをX3Dで出力したり、HTMLに出してブラウザで見たりする方法についてご紹介します...

PostGIS初心者向け記事の目次

はじめに 記事の順序付けのために作りました。それ以上のものではありません。 自分の記事 とりあえずPostGISのテーブル作ってみようか ジオメトリタイプ一覧をながめる 空間参照系の概要 ...