PostGIS 3.0で消えた関数

はじめに

PostGIS 3.0では、以前は有効であったけれども削除された関数があります。

削除対象となったものは、以前に関数名の命名規則が変更されたことに伴い、非推奨関数化されたものです。突然に消えたものではなく、先に非推奨関数の注意書きが付されるようになり、マニュアルから削除され、しばらくしてから削除されたものです。

この影響で、PostGISを使用するソフトウェアでも古いバージョンのものは、関数が見つからない致命的なエラーを発生させるので、正常に動作しなくなります。

お使いのアプリケーションがPostGISのバージョンを挙げた途端に正常に動作しなくなった場合に、もしかしたら助けになるかも知れませんので、ここに記しておきます。

対象

PostGIS 3.0.0と PostGIS 2.5.3で比較しています。それぞれのSQLファイルからCREATE OR REPLACE FUNCTIONを行頭に取る行をgrepで抜き出しています。ラスタ関数も混じるのでrastを含む行をはじきました(それでも若干残りました)。

ラスタ関数かどうかはざっと見ただけで判断しているので、結果に入れるべき関数を落としている可能性があります。

一覧

"_"が消えた関数

次に示す関数は、代替関数名で"_"が消えています。

消えた2.5での関数 対応する3.0での関数
ST_Combine_BBox ST_CombineBbox
ST_distance_sphere ST_DistanceSphere
ST_distance_spheroid ST_DistanceSpheroid
ST_find_extent ST_FindExtent
ST_force_2d ST_Force2D
ST_force_3d ST_Force3D
ST_force_3dm ST_Force3DM
ST_force_3dz ST_Force3DZ
ST_force_4d ST_Force4D
ST_force_collection ST_ForceCollection
ST_length_spheroid ST_LengthSpheroid
ST_line_interpolate_point ST_LineInterpolatePoint
ST_line_locate_point ST_LineLocatePoint
ST_line_substring ST_LineSubstring
ST_mem_size ST_MemSize
ST_point_inside_circle ST_PointInsideCircle
ST_Shift_Longitude ST_ShiftLongitude

"_"だけでなく"measure"が消えた関数

次に示す関数は、代替関数名で"_"だけでなく"measure"も消えています。いずれも、M値を持つジオメトリを引数に取る関数です。

消えた2.5での関数 対応する3.0での関数
ST_locate_along_measure ST_LocateAlong
ST_locate_between_measures ST_LocateBetween

Length系関数

ST_3DLength_spheroidの代替関数名で"3D"が消えていて、また、ST_length2d_spheroidは、代替関数がありません。

理由は調べていないのですが、ST_length2d_spheroidは、ST_LengthSpheroidに与えるジオメトリをあらかじめST_Force2D等で2次元化することで対応できるので、ST_length2d_spheroidとST_3DLength_spheroidとを統合させたのではないかとにらんでいます。

消えた2.5での関数 対応する3.0での関数
ST_3DLength_spheroid ST_LengthSpheroid
ST_length2d_spheroid

おわりに

今回は、3.0.0で本当に削除されてしまった非推奨関数を見てみました。

ざっと見て頂いたら分かると思いますが、3.0.0で削除された関数のほとんどは、"_"を消すと対応できます("ST_"の"_"は除く)。

本記事のライセンス


この記事は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。